ご来訪12万突破!ありがとうございます!

***************  出 没 情 報  ***************

2019年2月11日(月、祝日)上野の森交響楽団の定期演奏会にバストロンボーンのエキストラとして参加します。

2019年3月17日(日)南魚沼吹奏楽フェスティバルに指揮者として出演いたします。

2019年5月26日(日)アンサンブル・ヴィルトゥオーゾ吹奏楽団定期演奏会に指揮者として出演いたします。

2019年12月15日(日)学習院大学応援団吹奏楽部第22回定期演奏会に指揮者として出演いたします。


****************************************

 ※ 投稿日は実際と異なる場合があります。     

1970/08/15

高校3年生


高校3年時、初めて買ってもらったトロンボーンです。ホルトンのカレッジエイトというモデルで、この当時のアメリカの楽器は各社とも素晴らしい鳴り、音色を持っていました。
現在はベルカットに改造された後、サンクト・ペテルスブルグで誰かが使っていると思います。というのは、ヴェングロフスキーさんに最後に会った当時、旧ソヴィエトではアメリカ製の楽器の入手が困難だったので、僕をいろいろと助けてくれた恩返しに、「これは古いけど、楽器の性能は素晴らしいものです。どうか楽器の買えない生徒さんに使ってもらって下さい」と言ってさしあげたからです。結果として最後の恩返しとなりました。もしもどなたか、現サンクト・ペテルスブルグでこの形のベルカットの楽器を見たら教えてください。